スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

はじめましての方も2度目の方もいらっしゃいませ~。

このようなところにお越しくださいましてありがとうございます!!

このブログは私が一人で海外を放浪とした記録を
WEB漫画ブログ(コミックエッセイ)でまとめています。
イラストやマンガをほとんど描いたことがないので
かなりたどたどしい内容ですが、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです★

興味持たれた方はまずカテゴリーの「はじめに(必読)」をお読みください。

偶然見つけてしまったお友達・お知り合い・旅先で会った方いたら声掛けてください(笑)

連載中マンガ
韓国ソウル道峰山 →はじめから読む


※この記事は常に一番上にくるように設定してます。
スポンサーサイト

更新止まっていてすみません。

仕事が忙しくて全然更新できてません。
このところ毎日終電近くまで仕事です(泣)
あと少しで落ち着くはずなのでそしたら続きを描きたい。

名君

マンガだけ描くのもしんどくなってきまして
んで、ふつうの日記も書くことにしました(笑)

私は今上杉鷹山ブームです
もともと尊敬する人物でまっさきに上杉鷹山をあげてましたが
最近童門冬二の上杉鷹山を読み返し、あ~も~かっこよすぎる~!と再燃!
まぁ、童門冬二の上杉鷹山はちょっと美化しすぎな点はありますが

ほぼ破綻寸前の藩を倹約と新しく産業を起こし、あんな短期間で立て直したのはほんとすごい事だと思います
私利私欲にはけして走らず、あくまで人のために尽くした藩主。
今の政治家に少しでも見習ってほしいもんです。

でもなんでこんな知名度低いんでしょうね...
歴史の教科書に載ってもいい人だと思うのになぁ。
現代にも通じるところはたくさんあるので是非上杉鷹山読んでみてください
オススメです
大河ドラマでやってくれないかなぁ。
私がやってほしい偉人は全然やってくれません。
上杉鷹山、保科正之、北条早雲、最盛期の藤原氏(道長あたり)


来週の連休で米沢行こうと思ってましたが、そういえば今天地人ブームで米沢も人多いかも…と行くの迷ってます。

それと昨今の武将ブーム
歴史に興味持ってくれるのはいいんですがマンガやゲームと混同して騒ぐのだけは辞めてほしいなぁ
お城にマニアックな絵が貼ってあったりすると悲しくなります...。


*上杉鷹山を知らない方へ*
江戸時代中期の米沢藩藩主。名君と名高い人です。

韓国ソウル 道峰山⑥(旅日記WEB漫画)

マンガ 道峰山7
<続く>
→最初から読む

今回からデジタルにしてみましたが・・・・難しすぎる。
アナログのほうが好きなんですが、コピックの色が足りなくて(汗)
背景の色が厳しくなってきたのでデジタルに変えてみました。
使い方がイマイチわからないため、まだ試行錯誤中です。

 

 

 

よろしけれポチっとして下さい。励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
ブログランキング



テーマ : 女ひとり旅★
ジャンル : 旅行

いつもありがとうございます

ブログ始めて1ヶ月になります

なんとブログ村の女一人旅ランキングで9位に入りました
応援してくれた方ほんとにありがとうございます

描き方なんか全然わからないのにマンガで旅行記を描くなんて無謀な事を始めましたが
表現の難しさに日々どうしようか模索しております
もっともっとうまく伝えられるよう、絵がうまくなれるように日々精進していきますのでこれからもどうぞよろしくお願いします
描きたいネタは山ほどあるんですよ~
とくに中国やトルコはおもしろい人にたくさんあったので描きたいなと思ってます

 

 

いつもありがとうございます!励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
ブログランキング

*お知らせ*
デジタル移行で日々奮闘中
お気に入り
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ミキ

Author:ミキ

小柄・細い・童顔・見た目は頼りなさげ
*年齢*ついに30代突入
*職業*ブライダル業界。
*趣味*
旅→2006年はアジア~東南アジア3ヶ月旅して帰国。
好きな国はトルコ・ラオス
自転車→アンカーのRA5

月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
リンクフリーです。
ご自由にどうぞ★

このブログをリンクに追加する


*サイトアドレス*
http://miky113.blog87.fc2.com/
*サイト名*
ヘタレ女の海外一人旅

ステキサイト様↓ 検索サイト
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

今まで来たお客様数
メールフォーム
お気軽にどうぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。